IoTドア開閉システム

IoTドア開閉システムとは

個室の空室待ち時間や空室を探す手間を減らすことができる画期的なシステム
利用状況を可視化(利用率・利用時間など)できるため、時間とコストの削減などに役立ちます。

システム

センサーがドアの開閉によって信号を発信し、中継機がそれを検知します。その情報が管理画面に送信されます。開閉の情報はその他のモニターに表示することができます。

システム説明

機能一覧

  • アラート設定
  • 滞在時間と利用回数の可視化
  • 日毎、週毎、月毎グラフ化

利用シーン・メリット

商業施設

商業施設

空き状況がリアルタイムで把握できるので、清掃オペレーションの効率化が可能になります。

介護施設

介護施設

トイレに設置すれば長時間の個室利用のアラートが鳴り、利用者の異変にすぐに気づけます。

病院

医療施設

トイレに設置すれば長時間の利用場合アラートが鳴るため、早期対応が可能になります。

オフィス

オフィス

トイレの滞在時間を可視化することによって、長期滞在を抑制する効果があります。
会議室に設置すれば、会議室の空き状況を確認することができます。

レンタルスペース

レンタルスペース

滞在時間が把握でき、アラートを鳴らすこともできるので、長期滞在の対策になります。

実例

PIA

株式会社マタハリー
(アミューズメント施設)

設置場所:トイレ

料金

価格についてはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

トップページに戻る